概要 活動 会員マップ 会員専用 ご案内
協会概要 > 沿革


 ◆ 沿  革
 昭和29年 3月 ●相模原建設親睦会設立
 昭和29年 3月 ●相模原土木協力会設立
 昭和33年    ●相模原市、首都圏整備法により市街地開発区域に指定
 昭和35年 4月 ●相模原建設親睦会と相模原上木協力会が団結して「相模原市建設業協会」発足
 昭和42年 11月 ●新建設会館が完成(鉄筋3階建て)
 昭和44年 9月 ●相模原市主催の総合防災訓練に参加、以後毎年恒例となる
 昭和47年 7月 ●集中豪雨による被災で協会の防災作業隊が出動(850名)、救助・復旧に従事
 昭和49年 4月 ●公益法人への組織変更を決議
 昭和50年 4月 ●(社)相模原市建設業協会、発足
 昭和54年 3月 ●交通安全活動の一環として、同道16号線筋に交通安全塔を建設
 昭和61年 4月 ●相横原市、「第3次総合相模原市計画スタート」
 平成 4年 10月 ●グリーンウェーブ・相模原'92(全国都市緑化フェア〉の整備事業に参加
 平成 7年 2月 ●阪神・淡路大震災視察
 平成 9年 3月 ●「相模原市地域防災計画」策定、市と災害時の救助・復旧活動の協定締結
 平成11年 5月 ●アイドリングストップキャンペーン実施、ステッカー配布
 平成14年 12月 ●(社)県央建設業協会と地震、水害、その他の災害発生時における相互応援に関する協定
 平成16年 1月 ●市と地震等大規模災害時における被災建物の解体撤去等に関する協定締結
 平成16年 7月 ●福井豪雨災害復旧応援活動 車両5台人員10名派遣
 平成16年 8月 ●「防犯・防災パトロール」ステッカー配布
 平成16年 10月 ●新潟中越地震に支援活動隊を派遣 車両 2台 人員4名派遣 ブルシート、紙食器、トラロープ
 平成17年  9月 ●公共工事品質確保推進講習会の開催
 平成18年  1月 ●電子入札体験講習
 平成18年  3月 ●相模原市 (津久井町・相模湖町と合併)新市となる
 平成18年  4月 ●市民桜まつり社団法人相模原市建設業協会アッピール(花小鉢800コ配布) 
 平成18年 11月 ●道路法令講習 (工事関連交通事故防止)
 平成19年  3月 ●相模原市 (城山町・藤野町と合併)新市発足人口70万人
 平成23年  4月 ●一般社団法人へ改組